COMPANY
会社案内
ごあいさつ
齋藤鋲螺株式会社は1948年創業以来、「会社が栄える道はお得意様の利便を計る事にある」
を経営理念として、お客様のご満足頂ける製品・サービスを、70年以上に渡って提供してまいりました。
近年、私たちを取り巻く環境は、変化の度合いを増してきており、その変化に対応するだけでなく、更に一歩先を行くため、自ら新しい技術への取り組みを欠かさずにチャレンジしていかなければなりません。
弊社は、今を第2の創業と位置付けて「持続する企業」へと変革を果たし、100年200年と続いていくために、従業員が自ら考え、動く、自律的な組織を構築し、社会に役立つ企業を目指します。

代表取締役 社長
齋藤 潤
会社概要
(2022年2月1日現在)
商号 齋藤鋲螺株式会社
会社設立 昭和28年2月1日(1953年)
資本金 5,000万円
所在地
本社〒130ー0023
東京都墨田区立川一丁目3番2号(地図)
TEL:03(3632)2381 FAX:03(3632)4824
営業部・製造部〒134ー0091
東京都江戸川区船堀一丁目4番7号(地図)
TEL:03(3686)2121 FAX:03(3686)8141
第二倉庫〒134-0091
東京都江戸川区松江四丁目20番19号(地図)
つくば倉庫〒300ー2641
茨城県つくば市今鹿島4244ー2(地図)
TEL:029(875)7340 FAX:029(875)6940
人数 総勢64名 男性50名 女性14名
敷地
本社敷地300㎡ 床面積330㎡
営業部・製造部敷地1,063㎡ 床面積1,881㎡
第二倉庫敷地873㎡ 床面積536㎡
つくば倉庫敷地9,195㎡ 床面積832㎡
取引銀行 三菱UFJ銀行(本所中央支店)
みずほ銀行(本所支店)
朝日信用金庫(立川支店)
役員
代表取締役社長齋藤 潤全社統括
取締役中山 将訓営業本部長
取締役佐藤 幸広製造部長
主なお得意先(敬称略、50音順)
  • 建設機械車両
  • 株式会社加藤製作所
  • 株式会社小松製作所
  • 住友建機株式会社
  • 株式会社竹内製作所
  • 日立建機株式会社
  • ワコースチール株式会社
  • 商用車
  • 株式会社オーテックジャパン
  • 株式会社協和製作所
  • 株式会社湘南ユニテック
  • プレス工業株式会社
  • 株式会社ヨロズ
  • 特装車
  • いすゞ車体株式会社
  • 極東開発工業株式会社
  • 新明和工業株式会社
  • 一般産業機器
  • 大久保歯車工業株式会社
  • 昭和電線ケーブルシステム株式会社
  • 守谷輸送機工業株式会社
主な仕入先(敬称略、50音順)
伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 金子鋼材株式会社
古賀オール株式会社 株式会社 徳田練磨工作所
シャフトセンター株式会社 日鉄住金物産株式会社
東洋金属株式会社 株式会社 メタルワン鉄鋼製品販売
古庄産業株式会社 旭鋼管工業株式会社
株式会社 内山製作所 株式会社 カドクラ
株式会社 廣栄工業 株式会社 三光製作所
株式会社 精 研 株式会社 セイコウテクノ
関口産業株式会社 大省工業株式会社
東京螺旋工業株式会社 有限会社 菱澤ネジ工業
株式会社 広池製作所 株式会社 冨士鉄工所

沿革
1948年10月齋藤勝二個人にて齋藤螺子製作所を墨田区竪川に創業する。
1953年2月法人に改組,齋藤鋲螺株式会社と称す、資本金100万円。
1957年3月事業拡張のため、工場を江戸川区船堀に移転する。
1972年12月資本金1,000万円に増資。
1991年12月本社事業部を法人登記し、㈱サイトウネオックスを設立する。
1992年10月茨城県つくば市に倉庫を建設し、つくばターミナルを開設する。
1996年10月プレス工業㈱殿の直納認定工場資格を取得する。11年・14年・17年更新
2006年12月ISO9001:2015認証を取得する。H21年~3年毎更新継続
2008年7月船堀5丁目に製品倉庫を開設する。
2009年1月資本金を3,000万に増資する。
2011年5月エコアクション21認証取得する。H25年~2年毎更新継続
2012年10月つくばターミナルを改築し、つくば事業所を開設する。
2013年3月5丁目倉庫閉鎖、松江に第二倉庫を開設する。
4月本社第1・第2ビルを解体し、敷地60坪に6階建てビルを建設する。
2017年6月㈱サイトウネオックスと合併する。
資本金を5,000万円に増資する。
2018年2月創業70周年記念行事開催
12月新生産システム導入(生産調達能力向上のため)
12月大型トラック導入(物流システム改善のため)
12月TIG溶接機設置(溶接加工技術の向上のため)
2019年CNC旋盤設置(切削加工技術、加工能力の向上のため)
2021年6月新型コロナ感染防止対策として、PCリモート環境を整え、在宅勤務を一部導入
9月サーバー入替を行い、BCP対策として、バックアップ機能の強化
2022年1月第2倉庫大規模改修
Copyright © 2022 saito-grp All Rights Reserved.